FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固めの演出表現について(後編)

 どうも くさかべよしゆきです
今回は「固めの被害者の状態による生死について」の続きになります

 固めの生死観については大まかには前回書いた通り
被害者の髪の毛などを除く本体が破損した場合は基本的に
その人物は死亡…少し補足すると指や腕・脚などが折れたりの場合は
死にはしませんが元に戻った時にもその状態で…という事になります
 石化解除の前に亀裂や破損が跡形も無く元に戻せていた場合は
解除後に元のまま蘇生できる…という感じです
繰り返しになりますがこれが「基本」であり世界観的な例外は普通にあります

 他の固めについても基本的にはほぼ同じ条件となりますが
例えば凍結ではなく氷像化…つまり凍ってるのではなく材質が氷になっている場合
そして金属化の場合です 氷像化した姿から溶けて水になった状態
同じく金属からドロドロに溶けた状態になったとします これを
元の状態から型取った…または元の姿ソックリの型に流し込み再び固め
そこから元に戻した場合蘇生はできるのか?
 当然世界観・設定によっては復活できる事もあるでしょうが
基本的なオレの作品の世界観においてはアウトです

 例えば1個のリンゴがあったとします これから型を作ります
その後このリンゴを丸ごとジューサーにかけドロドロになったものを
さっきの型に流し込み固めたら…その中身は綺麗なリンゴでしょうか?

 モチロンギャグ要素の強い話だったりものすごい魔法や科学の存在する話なら
そこからの復活もあるでしょうが個人的には安易に固めが解除されたり
手遅れなハズの状態からの復活はシラケてしまったり
どうせ元に戻るんでしょ?みたいな視点が生まれるため固め作品では
やりたくありません それはシリアス寄りの話でそれをやってしまうと
「緊張感が無くなりつまらなくなるから」にほかなりません
以上の事から主人公補正はこういったジャンルでは少ない方が好ましい
…とオレは考えています

 普通は助からないから絶望感があり普通は助からないから
助かった時に「ああ良かった!」と思えるんです

 なんだか知らないけど突然女の子が石化した!とか
よくわかんないけど元に戻れた!とかそんな話ばかりになっては
どんな固め好きでもいつか飽きてしまうでしょう

 さて次回はいよいよ新作のストーリーやキャラ公開になります
興味ない人も…「見たくなくても 見る!」(どこまで続けられるかなこのネタ)

 それでは また次回!

固めの演出表現について(前編)

どうも くさかべよしゆきです
今回は前回予告したように新作続報ではなく「固め」について語ります

 色々と理由がありますが当サークルでは基本的に
皆さんからのコメントには商品のミスなどの問題点の指摘のような
こちら側に問題のある絶対に返事が必要な場合以外は対応していません

 ですが先日いただいたコメントの一部が個人的に
こういった話は最近やってないのでたまには書いた方がいいか…と思える内容でした

 一言で書くと「固めの被害者の状態による生死について」

 そこでその方の質問全てに答える訳ではないのですがその一部と
それに関連させオレ自身が個人的に書いておきたいと感じた事を
今回は書いてみたいと思います 勿論これらは「オレ個人の表現法」ですので
こうあるべきだ!みたいなモノではありません 念のため
 ただ人によって表現法は様々ですから他人の意見は自分でも興味ありますし
今後固め系SSやイラストを描こうとしてる人に参考程度にはなれば幸いです

 さて固めの描写については色々な表現法があり描く人それぞれの世界観があります
それはその人の全作品に一貫するようなものもあれば「この作品の場合は」みたいなものもあるでしょう

 オレの場合その一貫した表現のひとつに「石化の亀裂の表現」があります
身体部分にヒビが入る…つまり破損があった場合その被害者は元に戻れない
つまりオレの固め作品で身体にヒビがある場合は死亡と同義…という訳です
 このケースの例外は

・被害者に元々肉体再生能力が備わっている
・身体がバラバラにされても死なない存在(ロボ等)
・加害者側等にそれすら治せる能力が備わっている事が明言されている

などの場合…つまり石化を解除しても壊れた部分は治らないという事
全身にヒビが入ったならその時点で「手遅れ」という意味です

 質問では「体の一部であるはずの髪にひびが入っているのはそれに該当しないのでしょうか。」
とありましたが髪の毛を切られて死ぬ人はいません つまりそういう事です
脆い服や髪の毛には亀裂があるが身体は無事=元に戻れる希望はある!
…と同時にでもいつ身体も破損するかもわからない!という危うさの表現でもあります

 ただこの亀裂に対する表現は例外があります それは二次創作の場合
原作元の作品で石化が出てきてその作品内の表現で
被害者に亀裂を入れてるのであれば当然原作の表現に準じ描いています

 さて結構長くなったので今回はここまで!
次回は後編「石化以外の固めの生死観」です

 新作続報はその後になりますが…「待ち遠しくても…待て!」

…すいません単に「Gレコネタ」言ってみたかっただけです
いや本当お待たせしてごめんなさい!

 それでは また次回!

新作情報になります

 どうも くさかべよしゆきです
大変お待たせしてしましたが新作タイトル発表です
次回作は
SAL ZERO 01
「Solid Art Labyrinth ZERO」になります

 三部作の後に前日譚…というのは割りとオーソドックスですが
本作は作中で時系列が進み最終的に「3」の後日談まで描きます

 またオレの作品では非常に珍しいというか少女奇想歌劇としては初になるのですが
「完全に後付け」で生まれたストーリーになっています
この辺は個人的に思うところあって今回あえてやってみました
説明するとかなり長くなるので詳しくはCG集の前書きにでも書くつもりです

 主人公は今回も本シリーズ全体のメインキャラであるアリスですが
「2」主人公に加え新キャラも二人登場しますので
今後このブログにて徐々に画像や設定を公開して行きます
今回は本当に時間がかかってますが販売開始までもうしばらくお待ち下さい

 次の更新では続報ではなくコラムと言うか固めについて少し書く予定です

それでは また次回!

8月最初の近況報告

 どうも ゆうきです
え~まず…更新が滞っているのは新作の遅れからです
申し訳ありません 次回更新でタイトル等は発表できると思います
もうしばらくお待ち下さい

 先日「新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士」が正式に発売決定し
ヤッターとか思ってたら前作をまだクリアしていないのを思い出し
しかも今はとても進める時間なんてないぞと頭を抱えています…
 そんな中ゲームと違いアニメは作業しながらでも視聴できるので
そこそこチェックはできてるんですが実はメチャクチャハマった!
みたいなのは今年に入ってまだ一本も無い状況…でもコレは理由があって
すでに楽しみで楽しみでしょうがない作品があるからなのです
 オレのシュミを理解してる人には説明不用でしょうがそのアニメは
     
            「ガンダム Gのレコンギスタ」!

 「∀ガンダム」以降15年ぶりの新作富野ガンダム!
ガンダムは定期的に制作されていますがオレの世代にとって
「トミノのガンダム」は他とは全然違う訳です
放送前からこんなにワクワクして待つ新作って一体何いらいだろう?と思ったんですがちょっと分かんないです(そのくらい久しぶり)
先ほど配信されたばかりの「第1話先行冒頭10分」をガマンできず観たんですが
ヤバイ!やっぱ富野のセリフ回しや演出最高!!はやく続きが観たい!
 秋はビルドファイターズ2期とかだってあるのに本当オレって
こんなに富野アニメ好きだったのかと自分でも驚くくらい盛り上がってます
 ハッキリ言っていまはブログ更新する時間で一枚でも多く
描くべきなんでしょうが語っちゃいました たぶんBD全巻購入しそう…

 そんな訳で次回こそは新作情報公開します
それでは また次回!
 

2014年下半期の予定について

 どうも ゆうきです
 
 約一ヶ月ぶりの更新になります
まず5月に販売開始した新作「アリシアもがんばる!」購入された皆さん
どうもありがとうございました!
大きく遅れたにも関わらず従来とそう変わらない販売ペースで
待って下さっていた方達には本当に申し訳なく思います
今後はこんな事の無いよう予定を守り制作に臨むつもりです

 さて続いては残念な報告になります
「少女奇想歌劇」はなんと今年も夏コミ落ちてしまいました…
こればかりは努力ではどうしようも無いとは言えごめんなさい!
 販売予定だった新作は現時点では委託ではなく
DL販売で行う予定です…というのもやはりパッケージ版の販売は
自分で直接行いたいのですが委託だとそれは難しいからです

 この新作は先日お伝えした「隻眼のギルティ」よりも先になります
詳細はいつものように当ブログにて情報公開していきます
現在この2本を年内販売を死守するため意欲製作中
 そのため無料配布シリーズの「mini」が遅れぎみで
配布を発表した分は必ず出しますが…こちらは気長にお待ち下さい

 あとブログの更新がいつもCG集の話題ばかりなので
雑談やホントにただの近況みたいなのもやって行くつもりです
そんな訳でさっそく近況ですがここ最近だと

 「破幻のジスタチョコ」の山田・井上のノーマルカラー出ない!

 とかどうでもいい事で運がありません 箱買いの方が不利とか
対大人買い向けのアソートってのは斬新ですバンダイさん!
てかそれ以前に売ってない! 箱に中身が書いてあるので
人気キャラは狩られるし設定では「たくさんいる」山田が
市場には全然いない!おかげでひらがなで「いる」だから
「居る」じゃなくて「要る」だったんだよなんだってー!とか
言われる始末…コレ流れ次第で今後ブーム来るかもしれませんね

…以上食玩に興味ない人にはどうでもいい話題でした

 それでは また次回!
プロフィール

くさかべよしゆき

Author:くさかべよしゆき
石化・凍結といった固め系と呼ばれる
フェチジャンルで同人活動をしています
このブログでは創作活動および近況報告が
主な内容となっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。